本阿弥切・巻子本(古今和歌集巻第十一 恋歌一)部分拡大      戻る 本阿弥切 一覧へ

                                    写真をクリックすると拡大画面になります 昭和初期模本
白・夾竹桃具引唐紙料紙一葉分


本阿弥切 部分 具引唐紙 白 『夾竹桃』
夾竹桃(きょうちくとう) 
  巻子本
 本阿弥切

(古今和歌集巻第十一 恋歌一)

白 具引唐紙
『夾竹桃』

解説及び
使用字母




本阿弥切 清書用 臨書用紙 具引唐紙 白 『夾竹桃』
清書用 白
  夾竹桃 歌の書出しが段の途中から始められている珍しい書き方

歌番号は元永本古今和歌集での通し番号(歌の一部が異なっている場合も同じ番号で記載)
( )内の歌番号は小松茂美氏監修「本阿弥切古今集」(二玄社発行)の通し番号(類推含む)

512
           いで我を 人なとがめ      (508)
 そ おほふねの、ゆたのたゆたに ものおもふ
 たり
513             いせのうみに つり      (509)
 するあまの うけなれや、こころひとつ
  を さだめかねつる
514                 伊せのう       (510)
 みの あまのつりなは うちはへて、こひし
  とのみや おもひわたらむ

515         なみだがは なにみなか       (511)
 みを たづねけむ、ものおもふころの 我
 みなりけり

516     たねしあれば いはにも松          (512)
 は おいにけり、こひをしこひば あはざ
 らめかも

517         あさなあさな たつ            (513)
 かはぎりの そらにのみ、うきておもひの
 あるよなりけり

518       わすらるる ときしなければ        (514)
 あしたづの、おもひみだれて ねをのみぞ
 なく
519         からころも ひもゆふくれに      (515)
 (なるときは かへすがへすぞ 人はこひしき)

 

512
             意天我遠 人奈止可免
 所於本不年乃 遊多乃當由多爾 毛乃於毛不
 對利
513             意世乃宇美爾 川利
 寸留安万乃 有个那連也 古己呂悲止川
  越 佐多免可年川留
514                     伊世乃宇
 美乃 安万乃川利那者 宇遅者部天 己日之
  渡農美也 於毛日和多良无

515           奈美多可波 奈爾美那可
 見遠 多川年个无 毛乃於毛布己呂乃 我
 美那利个利

516    多年之安礼盤 意者爾毛松
 者 於意爾个利、己比越之己日八 安八左
 良免可毛

517             安左那安左那 太川
 加者支利乃 所良爾乃三 烏幾天於毛日乃
 安留与那利个利

518      和寸良流々 止支之奈个礼八
 安之多川乃 於毛日美多禮天 年遠乃美所
 那久
519
       可良己呂毛 日毛遊不久礼爾






 解説右側は

 使用字母


左側のひらがな中漢字の意味の通じるものは漢字で表記
















( )は次項に書かれているもの










ページトップ アイコン
          戻る 本阿弥切 一覧へ


本阿弥切 部分 具引唐紙 白 『夾竹桃』  解説へ