本阿弥切・巻子本(古今和歌集巻第十一 恋歌一)第七紙拡大  戻る 本阿弥切 一覧へ

                                    写真をクリックすると拡大画面になります 昭和初期模本
白・夾竹桃具引唐紙料紙一葉分

                                                                  
ここまで→|

本阿弥切 部分 具引唐紙 白 『夾竹桃』 夾竹桃(きょうちくとう)  巻子本本阿弥切
 (古今和歌集巻第十一 恋歌一)

 第七紙

解説及び
使用字母



清書用 臨書用紙 本阿弥切 白 『夾竹桃』
清書用 白

 
歌番号は元永本古今和歌集での通し番号(歌の一部が異なっている場合も同じ番号で記載)          
( )内の歌番号は小松茂美氏監修「本阿弥切古今集」(二玄社発行)の通し番号(類推含む)
             528           (524)
              おもひやる さかゐ 

 はるかに ありやする、などかゆめぢに あふ
 人のなき

             529           
(525)
               ゆめのうちに
 あひみることを たのみつつ くらせるよひは
 ねむかたもなし


530                        (526)
         こひしねと するわざならし む
 ばたまの、よるはすがらに ゆめにみえつつ


531                        (527)
 なみだがわ まくらながるる うきねには
 ゆめもさだかに みえずぞありける


532                        (528)
  こひすれば 我みぞかげと なりぬべ
 き、さりとて人に そはぬものゆえ


533                        (529)
  かがり火に あらぬおもひ なぞ
 もかく、なみだのかはに うきて○ゆらめ


534                        (530)
 かがり火の か○となるみの わび
 しきは、よをつくしたに もゆるなりけり


535                        (531)
 はやきせで みるめおひせば
 我そでの、なみだのかわに うゑましものを


536                        (532)
 おきへにも よらぬたまもの なみのうへに
 みだれてのみや こひわたりなむ

537                        (533)
 あしがもの さ
わぐいりえの しらなみ
 の、しらずや人を か
くこひむと

                 528
                  於毛日也流 左可為

 者留可爾 安利也春留、奈止可由免知仁 安不
 人農那支


                  529
                    遊免乃有遅仁
 安日美留己止越 多乃美川々 九良世流與日八
 年武可太毛奈之


530
        己日之年止 春留和左奈良志 武
 者多末乃 與留者寸可良仁 由免爾美衣川々


531
 奈美多可八 万久良奈可流々 宇支年仁盤
 遊免毛左多可爾 美衣寸曾安利計留


532
  己日寸連八 我美曾可介止 那利奴部
 幾、左利止天人爾 曾者奴毛乃由衛


533
 加々利火爾 安良奴於毛日 那所
 毛可久、奈美□乃可盤爾 宇幾天□由良免


534
 可々利火乃 可□止那留美乃 和日
 之幾八、與遠川久之多爾 毛由留那利个利


535
 八也支世天 美留免於比世波
 我曾天乃、奈美多乃可者爾 宇衛万之毛乃超


536
 於幾部爾毛 與良奴多万毛乃 奈美乃宇部仁
 美多礼天乃美也 己日和多利奈无


 安之可毛乃 左□□□□□□ □□□□
 乃、之良寸也人遠 可□□□武止□

                          ページトップ アイコン
528
 思ひやる 境はるかに りやする、などか夢路に 逢ふ人のなき

元永古今和歌集・公任本古今集(524)
 思ひやる 境はるかに りやする、まどふ夢路に 逢ふ人のなき


532
 恋すれば 我身影と なりぬべき、さりとて人に 添はぬものゆえ

元永古今和歌集・公任本古今集(528)
 恋すれば 我身影と なりにけり、さりとて人に 添はぬものゆえ


533
 かがり火に あらぬおもひ なぞもかく、なみだのかはに うきて○ゆら

元永古今和歌集
 かがり火に あらぬものから なぞもかく、なみだのかはに うきてゆら

公任本古今集(529)
 かがり火に あらぬわがみを なぞもかく、なみだのかはに うきてゆら


534
 かがり火の か○となる身の わびしきは、よをつくしたに もゆるなりけり

元永古今和歌集・公任本古今集(530)
 かがり火の となる身の わびしきは、ながれてしたに もゆるなりけり


                                                                   戻る 本阿弥切 一覧へ
一行目は第六紙

 解説右側は

  使用字母

左側のひらがな中漢字の意味の通じるものは漢字で表記








過がら;
「ら」は状態を表わす助詞。
すっと通して、途切れることなく。







○部分は「も」の書き忘れか




○部分は「け」の書き忘れか









灰色文字は元永本からの引用


□は判読不能文字



公任本古今集;
伝藤原公任筆古今和歌集


水色文字は他本との異なる箇所
























本阿弥切 部分 具引唐紙 白 『夾竹桃』  解説へ