本阿弥切 巻子本(古今和歌集巻第十八 雑歌下)末葉部分拡大       戻る 本阿弥切 一覧へ                                   上側の写真をクリックすると元の画面に戻
白・具引唐紙料紙末葉部分
                                                             


本阿弥切 巻末部分 具引唐紙 白 『唐草』
唐草(からくさ)唐草柄が見え辛いのですが、唐子唐草か大花唐草らしきもの 
巻子本本阿弥切
古今和歌集
巻第十八
巻末


解説及び
使用字母


 

歌番号は元永本古今和歌集での通し番号(歌の一部が異なっている場合も同じ番号で記載)
( )内の歌番号は小松茂美氏監修「本阿弥切古今集」(二玄社発行)の通し番号

  うためしけるとき
  たてまつるとて おくにか
  きつけて たてまつりける

            いせ
1008                    (1000)
 山みづの おとにのみきく ももし
  きを、みをはやながら みる
         よし
           もが
             な








  宇多女之个留止支
  多天万川留止天 於久仁可
  支川个天 多天万川利个留

              伊世
1008
 山美川乃 於止爾乃美支久 毛々之
  木超、三遠者也奈可良 美留
         夜之
           毛可
             那




 歌召しける時、奉るとて、奥に書き付けて奉りける。

                         伊勢

 山水の 音にのみ聞く 百磯城を、身を囃ながら 見る由もがな

元永本古今和歌集 
 山川の 音にのみ聞く 百敷を、身をはやながら 見る由もがな

解説右側は
使用字母







もも し き

百磯城
禁庭、内裏、皇居、禁中。元は枕詞「百敷の」から

石突きの城の意






   ページトップ アイコン         戻る 本阿弥切 一覧へ