清書用・臨書用紙『針切』(相模集・重之の子の僧の集) 戻る 針切 へ
    本楮紙製 染紙(薄香色)8寸8分5厘×1尺2寸

針切の色は、ぼかしの様にも見えますが元々は未晒しの繊維の色で、長年の変化により褪色、或は褐色化した物と思われます。素色(しろいろ)とは、漂白していない元の繊維の色でやや黄味の砥の粉色〜薄香色の様な色。本来染めていない為、素の色のことを素色(しろいろ)といいます。。写真は薄目の薄香色でかなり褪色しているように見えますが、写真写りが悪いせいで実際には全面ほぼ同一色です。

本清書用臨書用紙『針切』は本楮紙製の染紙です。基本はばら売りです。
ご要望により10枚入(1冊2050円税込)、20枚入(1冊4070円税込)、100枚入(1冊19800円税込)可能です。

10枚入(1冊2050円税込) 20枚入(1冊4070円税込)  100枚入(1冊19800円税込)
ネットショップへ 針切 
ネットショップへ 針切 
ネットショップへ 針切 


薄香色(うすごういろ)

清書用 臨書用紙 『針切』  (薄香色)

8寸8分5厘×1尺2寸(26.8cm x 36.4cm)針切臨書2項分。

実際は極淡い薄茶色(薄香色)です。
写真の状態があまりよくありませんがご了承ください。

相模集
『針切』 相模集 (素色) 拡大へ針切臨書手本 
重之の子の僧の集
『針切』 重之の子の僧の集 (素色) 拡大へ針切臨書手本 
   ばら売り用ページです

ネットショップへ 針切