伊勢集 破り継『山』 (清書用臨書用紙)   戻る 『三十六人集』 粘葉本 一覧へ 

伊勢集 破り継 『山』
破り継・山 銀泥手書


 伊勢集 破り継 『山』 左下の山拡大  伊勢集 破り継 『山』 書拡大へ
 左下の山部分 銀泥手書  
横に霞雲風に描いてあるのは金銀の混合泥です。
 伊勢集 書


伊勢集 破り継 『山』 右上の山拡大 
ばら売り用ページです
ネットショップへ
破り継料紙『山』
 右上の山部分 銀泥手書
横に霞雲風に描いてあるのは金銀の混合泥です。
ばら売り1枚
8580円
 


伊勢集 『山』 
 伊勢集 書  項を捲ると裏側 にも書が書かれております。 田中親美氏模本
 縦6寸7分、横1尺5分5厘 第五紙

両面加工の料紙を使用して綴じた帖です(見開き)。中央部分が窪んで、平行線が確認できるのは粘葉綴じの証です。

歌番号は伊勢集での通し番号                      青色文字は使用字母

   おなし女としごろいふともなくいは
   ずともなきをとこありけりかへりごとも
   せざりければとしへにけるをなどか
   みつとだにのたまはぬとはべりけれ
   ばこのをむなみつとなむなをばつ
   けたりけるたちかへりをとこ

19
 たちかへり ふみゆかざらば はまちどり
 あとみつとだに 君いはましや

   かへし
20
 としへぬる ことおもはずば はまちどり
 ふみとめてだに みべきものかは

   夏いとあつきひさかりにおなしをとこ
21
 
なつのひの もゆるわがみの わびしさに
 みつこひどりの ねをのみぞなく

   かへりごとなしこれかれとかくいへど
   きかでみやづかへをのみしけるほどに
   時のみかどめしつかひたまひけりよくぞ
   まめやかなりけるとおもふにをとこ宮
   むまれたまひぬおやなどもいみじう
  (よろこびけりつかうまつる・・・)



     於奈之女止之己呂以不止毛奈具以盤
     寸止毛奈支乎止己安利希利加部利己止毛      世左利希礼八東之遍爾計留乎奈止可
     美川止太爾能堂万者奴止者部利希礼
     者己能乎无那美川止奈無奈遠波川
     希太利希類堂遅可部利乎止己

19
 堂遅可部利 不美由可左良波 々万遅止利
 安止美川止多爾 君以者末之也

     可部之
20
 止之部奴類 己止於毛者寸者 々末知止利
 婦美止女天多爾 美部支毛乃可者

     夏以止安川支比左可利爾於奈之乎止己
21
 奈川乃比能 毛由留和可美乃 和比之左仁
 美川己比止利能 年遠乃三所奈久

     可部利己止奈之己礼可連止可久以部止
     支可天美也川可部乎乃三之計留本止爾
     時乃美可止女之川可比多万比希利與久所
     万女也可奈利計留止於毛不爾遠止己宮
     武末礼太万比奴於也那止毛以三之宇
    (與路己比希利川可宇末川留・・・) 


 「礼」は「禮」とすることも。
 「與」は「与」とすることも。
 「爾」は「尓」とすることも。
 ( )は次項にあり

                                      戻る はくび工房 『三十六人集』 一覧へ