『高野切』(高野切古今集) 清書用 臨書用紙                   戻る 古筆 臨書用紙へ 戻る はくび工房 臨書用紙へ

第五巻と末巻とに奥書された後奈良天皇の花王により、永らく伝紀貫之筆とされてきたが、現在では三名の能書きによるものという説が定着している古今和歌集として現存する最古の書写本である。高野切の名は秀吉から古今和歌集の一部が高野山金剛峰寺文殊院の住持である木食応其に色紙型に切断した茶掛けとして分け与えられた物が、高野山から周知されたことに始まり一連の他の書写の物も同様に高野切と呼ばれるようになる。11世紀中ごろの書写と推定される。

第一種書風(書写人不詳)、
第一巻・第九巻〜第十二巻・第二十巻、発見されてはいないがおそらく仮名序も。茶字は現存。おおらかで高貴に満ちたというか整った筆致で、典雅優麗と呼ぶに相応しい。
現代の平仮名に最も近いかならしい仮名を用いた書風の写本で有り、書を始めたばかりの人にも優しく入って行ける手本となっている。
第二種書風(源兼行筆)、第二巻〜第八巻。二・三・五・八巻は現存。
第三種書風(書写人不詳)、第十三巻〜第十九巻。
十八・十九巻は現存。伝藤原行成筆蓬莱切・同御物朗詠・同伊予切和漢朗詠・同法輪寺切和漢朗詠・同近衛本和漢朗詠等との筆跡に酷似している。所謂『行成様』の手によるもの。
料紙は麻紙風の鳥の子で雲母砂子を振った薄茶色の素紙(或は具を塗っていない染紙)で、振り量の多い物や少ない物など巻や部位によりまちまちである。

高野切臨書用紙は本鳥の子製染紙に雲母砂子振

高野切 9寸7分×1尺2寸(29.4cmx36.4cm)
本鳥一号使用の染、雲母振り(現在流通のもの)もしくは高知の鳥の子仕様の染、雲母振り。

清書用・臨書用紙 高野切 本鳥一号 染 雲母振り   戻る 特価品情報へ   高野切 第二種書風 染 雲母振の様子   巻子本『高野切』へ
 写真をクリックすると巻子本高野切(昭和初期模写本)へ
 高野切 縦9寸7分×横1尺2寸(29.4cmx36.4cm)
ネットショップへ 高野切 
    雲母振の様子(写真は巻第八)


清書用高野切のご注文はこちらネットショップ公開しました。お気軽にお立ち寄り下さい。

資料館限定販売となりますが、1枚620円(税込)。色には多少の偏りが御座います。
正規品の価格はこちらをご覧ください。
数に限りが御座いますので、お越しの祭には予め御問合わせ頂く事をお勧め致します。
                                      ご注文は TEL(086‐943‐8727)、又はメール アイコンにて

   練習用 高野切 はこちら
新鳥使用の染、雲母振り 
やや難有の品練習用は、資料館限定販売となりますが、40枚入り2,150円(税込)。色には多少の偏りが御座います。
数に限りが御座いますので、お越しの祭には予め御問合わせ頂く事をお勧め致します。